東京のような大都市には多くの百寿者が住んでいます。例えば、103歳の山﨑さんは東京北西部の郊外に家族と暮らし、近所を散歩して体を動かしたり、自分の店でお客さんとお話したり手工芸品を作ったりしており、家族との強い絆を保っています。そのため、山﨑さんの協調能力と認知能力は刺激を受け続けています。

最近、山﨑さんは慶應義塾大学広瀬医師の百寿者研究に参加しました。百寿者の生理学、精神活動、社会環境を研究することにより、広瀬医師は長寿に寄与する要因を特定しようとしています。

wisdom.unu.edu/ja/ageing-societies/

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…