If a device can control human hands,
the device can be useful for HCI and tangible application’s output.
To aid the controlling of finger movement,
we present PossessedHand, a device with a forearm belt
that can teach when and which fingers should be moved.

PossessedHand controls the user’s fingers
by applying electrical stimulus to the muscles around the forearm.
Each muscle is stimulated via 28 electrode pads. Muscles at different depths in the forearm can be selected for simulation
by varying the stimulation level.

PossessedHand can automatically calibrate the system for individuals. The automatic calibration system estimates relations between each electrode pad, stimulation level and muscle movement. Experiments show that PossessedHand can control the motion of 16 joints in the hand.

Emi Tamaki and Jun Rekimoto, The University of Tokyo.
lab.rekimoto.org/projects/possessedhand/

--日本語--------------------------------------------------------------------
PossessedHand: 電気刺激によるヒトの手を制御する技術

もし、コンピュータがヒトの手を制御できたら、、、。
PossessedHandは、使用者に手の動き(ハンドジェスチャー)で情報提示する装置です。腕に巻いた2枚のベルトから前腕の筋肉に電気刺激を与え、手指の動きを制御します。前腕の筋肉は手指の腱につながっており、その筋肉を収縮することにより、
手指を動作させることができます。1枚のベルトには14個、装置全体では28個の電極パッドが設置されています。刺激に使用する電極パッドの位置と電気刺激の大きさによって前腕の筋肉を局所的に刺激します。

手指の制御に用いる電極パッドの位置と刺激の大きさは、個人差やベルトの装着位置や湿度によって変化します。PossessedHandは、刺激に使用する電極パッドの位置と電気刺激の大きさについての全てのパターンの刺激を与え、どの刺激がどの手の動きに関連しているのか学習する機能を備えています。この機能により、専門的な知識なしに誰の手でも制御することが可能となったのです。被験者実験では、手指の16関節をPossessedHandで動作できることが確認されています。

玉城 絵美, 暦本純一, 東京大学

lab.rekimoto.org/projects/possessedhand/

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…