My project “Revived Zombie Frogs Underwater Ballet,” originally started from 2009 has been consummated as a video work. This work takes a form of MTV showing dead frog’s dance controlled by Midi controller and Midi signal. For the avoidance of cruelty to animals, dead frog bodies originally used in a medical dissection experiment were re-used for this work.

Because of my strong affinity with CONTROL, the control of people and animals, I have been creating my works by using technology and various media. Such a control totally relies on the cerebration of human and they cannot escape from the physiological reality. Yet they use their bodies to create devices so they can break away from these limitations while they are being controlled by their physical form or illness.

I have strongly desired to substantiate a cross-cutting collaboration work. Art itself is a small discipline and I am hoping to learn more by combining it with other disciplines.

Finally I would like to express my sincere appreciation for Fukuoka Asian Art Museum and all technical specialists and their staff members who cooperated with my art-making.

2009年より考えてきた「復活!水中カエルゾンビバレエ」 を、ここに映像作品として実現することができました。この作品はミュージックビデオの形をとっており、MidiコントローラーとMidi信号で蛙の死骸をコントロールしてダンスを演出します。この作品で使った蛙の死骸は解剖実験で使用されたものであり、動物虐待に関与するものではありません。
私は、これまでテクノロジーや様々な表現手段を使って、作品を制作してきましたが、それは「コントロール」に対する関心があるからです。人間のコントロールと生物のコントロール。人間の思考がこのようなコントロールを左右し、また人と動物は共に生理的な限界からは逃れられません。しかし、自身の肉体の構造や病にコントロールされながらも、同時に、肉体が生み出す道具によって、コントロールに対し抵抗しているのです。
私はこれまでジャンル横断的なコラボレーションを実現させたいと強く望んできました。アートはとても小さな領域にしかすぎません。こうしたコラボレーションによって、異なる領域からたくさんのことを学べると信じていますし、とても期待しています。
最後に福岡アジア美術館、およびこの作品制作に協力いただいた専門技術のスタッフに、心より感謝いたします。

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…