Here's the making of video for 60-second station ID for Space Shower TV, Japan's largest music channel. The stream of water is coming down through the tubes attached to a speaker. The camera was set to film the running water in the same frame rate as the low frequency wave of the speaker, which creates the unique optical illusion of the vibrating droplets appear to freeze in the mid-air and running backwards. It was shot without a high-speed camera, any computer graphics, nor post process such as reversing. The director of this very first film work produced by JKD Collective is
Kosai Sekine, an award winning Japanese film director. The Japanese contemporary dancer, Masako Yasumoto's movement synchronizes with water and the music by Jemapur as if she is floating through time and velocity.

■Main Video
vimeo.com/51266038

■SPACE SHOWER TV Official Site
spaceshowertv.com

■JKD Collective Official Site
jkdcollective.jp/works

---------------------------------

日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVのステーションID「Synchronized Drops」のメイキング映像。
スピーカーから流れる低周波の音を水にあて、周波数と同一のフレームレートにセッティングしたカメラで撮影すると、肉眼では普通にみえる水の流れが、微振動をしながら空中にとまったり、上がったり下がったりする水滴のような映像になるというとテクニックを用い、ハイスピードカメラによる撮影や、CG、逆再生等の後処理を一切行わずに制作されています。「JKD COLLECTIVE」による初の映像作品のディレクターをつとめたのは、斬新なCM表現のみならず、映像作家としても国内外の注目を集める関根光才。 ビートメイカー、Jemapurによる先鋭的なサウンドと、多岐に渡るフィールドで活躍するコンテンポラリーダンサー、康本雅子によるパフォーマンスが、時間軸を操られたような浮遊感のある水の動きとシンクロして、かつて見たことのないような映像作品に仕上がっています。

「ステーションID」とは・・・
番組間で放送されるステーション(放送局)のアイデンティティやメッセージを伝えるイメージ映像。番組では表現できない部分を補い、時には凝縮して、SPACE SHOWER TVを視聴者に伝えます。

完成作品はこちら
vimeo.com/51266038

■SPACE SHOWER TV オフィシャルサイト
spaceshowertv.com

■JKD Collective オフィシャルサイト
jkdcollective.jp

ディレクター : 関根光才
撮影監督 : 野田直樹
美術 : 柳町建夫
プロデューサー : ブルース池田 / 武井寿幸
制作 : 間口陽介 / 北田一真
キャスト : 康本雅子/ 加藤 士文
編集: 鈴木智宏
ミキサー : 森田明宏
特殊効果 : GIVS
音楽 : Jemapur
制作会社:JKD Collective / 太陽企画

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…