2008年の12月高潮とひどい嵐のためカーテレット諸島は大変な被害を被った。ニコラス・ハカタは地元の若きリーダーであり代表者である。彼は家族の魚とココナツだけを食べ、蚊の大群と戦う生活を語ってくれた。

自治体の食糧配給は年に一度か二度やってくる。移住プランは遅々として進まない。空腹で健康状態も良くない島民たちは移住チームを立ち上げ、家族をより安全な場所に移す緊急の作業を始めた。

このビデオはニコラス・ハカタとテレレ•ペイサ ウルスラ・ラコヴァの協力の下制作された

撮影/編集 ルイス・パトロン
プロデュース/編集 キット・ウイリアムズ

Tulele Peisaテレレ・ペイサ移住プログラムのサポートを受けて制作
tulelepeisa.org/

国連大学先住民族の視点から見た気候変動ビデオシリーズはこちらのリンクからご覧いただけます。
ourworld.unu.edu/jp

unutki.org/news.php?news_id=51&doc_id=7

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…