Urban research doorsの店舗の内装には多くの古材が使われています。
この古材達は数百年という年月人々の日々の暮らしを支えてきました。

しかし、時代の流れや生活スタイルの変化や過疎化などさまざまな理由により 古い家や蔵が取り壊されています。
そういったものをただ取り壊すのではなく、きちんと解体し、磨き直し、新たに息吹を吹き込んで再生させる人々がいます。

古いものをきちんと残したい、伝えたいという想い。
誰にも負けないとこだわり続けて磨き続ける。
それを生かしながら、現代の空間に落とし込む。

きちんと保管し、釘が出てしまっている箇所は昔からの道具「ちょんな」で削り、油を塗りこみ、なんと「ハマグリの貝殻」で磨き直していくと、美しい光沢が蘇ります。

さまざまな立場からその魅力を私たちに届けてくれる方々がいます。
何気なく店頭で目にして頂いている建具や古材にも、私たちなりのこだわりがあります。

そういった細かな部分に想いは宿り、そこから醸し出される雰囲気は 他には得難いものがあります。
古材の魅力や想いを動画にまとめました。
どうぞご覧ください。

今度のお買い物の時は、商品はもちろん、空間にも目を向け触れていただけると嬉しく思います。

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…