Nihongo de Vimeo

A symbolic building of Otani University, Jingen-kan (previous main building, also known as “Red Brick”) turns a century in this year, since it had completed at Koyama Kyoto, and held a dedication ceremony.
And we have now completed and introduce a short film for Jingen-kan’s Centennial Anniversary.
Please enjoy the gentle, sometimes strict, and beautiful appearance of Jingen-kan watching over the students for a century.

To achieve a high-resolution and color expression transcending a usual video shooting, under the proposition how to capture its beautiful appearance and express the remembered scene of Jingen-kan which stands for a century, we use the “Timelapse” technique piecing together photographs shoot by the 36 Megapixels digital cameras, into a moving image.
Timelapse technique has a characteristic restriction that can’t move a point of view, but this time we combine various equipments and use “Motion Timelapse” technique that can move it. And, we lock a compressed biaxial timeline, transparent and deep color, and super high-definition detail into a film.
Also in the post-production process, we lavishly use the latest technology such as 14bit (4.4 trillion colors) color correction, HDR (High Dynamic Range) image grading, and 4K resolution* editing.

Please watch this short film in HD full screen mode.

* This short film is uploaded in Full HD (1920 x 1080 pixels) resolution.

Total Number of Photographs: 77,333 (over 3TB in RAW data)
Number of Photographs used in this short film: 20,367 (over 1TB in RAW data)
Period of shooting: November 2012 to September 2013

大谷大学のシンボル的建造物、赤レンガこと尋源館(旧本館)は、京都小山の地に竣工され、落成式が挙行されてから今年でちょうど100年を迎えます。
このたび、この尋源館竣工100周年を記念した映像作品を完成させましたのでご紹介いたします。
100年間、学生を育て見守ってきた尋源館の、優しく、時に威厳に満ちた、美しい姿をご覧ください。

本作品では、100年の時をその身体に刻んできた尋源館の美しい姿を如何に捕らえ、人の心の中に記憶されている尋源館を如何に表現するかという命題の元、ビデオ撮影を遙かに超える解像度と色彩表現を実現するため、3600万画素のデジタルカメラ等で撮影した写真を繋ぎ合わせて動画にするという「タイムラプス(微速度撮影)」という手法を採用しています。
タイムラプスはその撮影の制約上、視点移動ができないという特徴がありますが、今回様々な機材を組み合わせ「モーションタイムラプス」という視点移動が可能な撮影を行い、肉眼では捕らえる事のできない、圧縮された異なる二軸の時間軸・透明感のある深い色彩・超高精細なディテールをフィルムの中に閉じこめています。
また、ポストプロダクションにおいても14bitカラー4兆4千億色でのカラー補正、HDR(ハイダイナミックレンジ)イメージでのグレーディング、4K解像度(※)での編集など最新の技術をふんだんに採り入れています。

画面は是非、HD・フルスクリーンモードにしてご覧下さい。

※本ムービーはFull HD(1920×1080 pixel)でアップロードされています。

総撮影枚数 77,333枚(3TB以上のRAWデータ)
本編使用枚数 20,367枚(1TB以上のRAWデータ)
撮影期間 2012年11月〜2013年9月

j vimeo.com/78921347

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…