1. 5x5 - Spiritual Tokyo

    00:25

    from Kenchan / Added

    95 Plays / / 2 Comments

    This is where I grew up. Shot using a Canon 60D with a few Nikon lenses. First video I ever shot/edited by myself. Created for the Weekend Challenge: vimeo.com/groups/weekendchallenge

    + More details
    • Yup'in 4th MusicVideo 「Distance of my mind」Trailer

      01:23

      from T.A HOMIEZ FACTORY / Added

      Yup'in 4th MusicVideo 「Distance of my mind」Trailer 本編は2014年8月撮影予定 VIDEO DIRECTOR By 「T.A Homiez Factory」 T.A Homiez Factory OFFICIAL WEBSITE http://www.tahomiezfactory.jp/ T.A Homiez Factory fb https://www.facebook.com/TaHomiezFactory T.A Homiez Factory Masa facebook https://www.facebook.com/masashi.oosawa.TAHF 【Yup'in】 1994年1月16日生まれ。 業界からも支持をもつ等身大のリリック、メロディアスな楽曲でデビュー。 これからも目を離せない、次世代のシンガーソングライター。 【Yup'in Official Site】 http://yupin.jp/ 【Yup'in Official Twitter】 https://twitter.com/y__u__p 本年9月にNo matter what I sayで初の配信リリース、自身も敬愛する名だたるアーティスト達と並びiTunes R&Bチャートで13位を記録、そして自身を象徴する街「渋谷」を果敢に歌いながら駆け抜ける同曲のMVが公開から2日で2500回再生という鮮烈なデビューを飾った、同世代の若者を中心に男女問わず幅広い年代から支持を集める19歳の新生アーティストYup'in(ヤピン)。 そんな彼女から"誰かを救うため"に歌った前作とはうってかわり"自分自身の葛藤"を叫んだ新曲「へルタースケルター」が発表された。 大胆にも大作のタイトルをそのまま引用して挑むYup'inだが、他者には創造出来ないであろう確立された世界観を提示してくれた。自己中心的な言葉や映画の1シーンを彷彿させる単語や台詞を落とし込んだ歌詞。これでもかという程に攻撃的な歌唱。プロデューサーJUVNILEによる鋭いシンセを駆使したサウンド、そして本作を最も印象付ける"しっちゃかめっちゃか"な感情の爆発を表現した間奏。これら全ての要素が織り成す事で緩急絶妙に迫り込んで来る衝撃が生じ、聴く側は難解で独創的な映画を鑑賞するかのように、様々な解釈を生みだして楽しむ事も、何も思考せずに音が止むまで身を委ね楽しむ事も出来るだろう。 きっと人間なら誰しもが似た状況を経験した事があるのではないだろうか?Yup'inは「それでも一番になりたい。常に相手の中に居たい。だから他の邪魔者を蹴落としたい」と、怯む事も臆する事もせず、自分勝手なわがままを押し通すのだ。それこそが、ヘルタースケルター=Yup'inに溢れる力強さの源であり、時には脆く危ない部分なのである。それが最も顕著に表れている本作は、本人以外には知る由もない脚本の無いノンフィクションの日常から産み出された、苦悩や痛みさえも音楽を通しダイレクトに表現するYup'inからの賜物なのである。 そんなYup'inが主人公の物語も、本作が節目となり、第一章の幕が閉じる。大人と子供の狭間である10代最後の歳も本作の発表時点ではあと僅かで終わろうとしている。貫く事の難しさを知りながら、倒れても立ち上がる事が出来る強靭な意思を持ち、誰にも染められたくないと気高く歩き続ける新世代のディーバYup'in。いつかYup'inが10代を振り返る頃には、現在の自身の分身である本作に背中を押される事になるであろう。その日が来るのが待ち遠しい。 Text by 増山 裕貴(CATCHER)

      + More details
      • Yup'in / No matter what I say (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

        04:32

        from T.A HOMIEZ FACTORY / Added

        Yup'in / No matter what I say (OFFICIAL MUSIC VIDEO) 2013.10.1 iTunesストアにてダウンロード販売中 Yup'in No matter what I say - Single https://itunes.apple.com/jp/album/id694031324 Yup'in / No matter what I say VIDEO DIRECTOR By 「T.A Homiez Factory」 T.A Homiez Factory OFFICIAL WEBSITE http://www.tahomiezfactory.jp/ T.A Homiez Factory fb https://www.facebook.com/TaHomiezFactory T.A Homiez Factory Masa facebook https://www.facebook.com/masashi.oosawa.TAHF 【Yup'in】 1994年1月16日生まれ。 業界からも支持をもつ等身大のリリック、メロディアスな楽曲でデビュー。 これからも目を離せない、次世代のシンガーソングライター。 【Yup'in Official Site】 http://yupin.jp/ 【Yup'in Official Twitter】 https://twitter.com/y__u__p  眠らない街、東京。右から左へ慌ただしく押し流されていく人々にも、そこはかとなく漂う混沌とした雰囲気にも、上京してしばらく経った今となっては取り立てて感情を抱くことも少なくなった。ただそれでも、この街はどこか寂しい。特に若者たち。昼夜を問わず仲間と戯れ、一見すると青春を謳歌している彼らだが、その姿にはしばしば悲愴感をダブらせてしまう。イノセントな笑顔の裏で、主張しきれない自分の愚かさが充満していく繊細な年頃。かつて同じ時代を歩んでいた身であるがゆえに、彼らが人知れず抱える孤独の色合いが、洗練された都会の景色の中で皮肉にも際立って見える。  そんな空虚な世界の片隅から、一人の若き女性シンガーが颯爽とデビューを果たした。「一人でも多くの人に共感してもらえるアーティストになりたい」と語気を強めて話す彼女の名はYup'in(ヤピン)。まさに"イマドキ"を地で行くような彼女だが、あらゆる要素において負けん気の強さを発揮し、その威力は一般のティーンどころか、大の大人にも勝るとも劣らない。先に紹介した決意表明をはじめとする気っ風のいい発言や、ひとつひとつの活動に姉御肌よろしく挑んでいく高いモチベーションが良い例だ。さらにはその揺るがぬポリシーが、ロートーン重視のパワフルな歌声を駆使したライブ・パフォーマンスや、人々を鼓舞する個性的なオリジナル曲の数々で清々しいほどに結実しているのだから、頼もしいことこの上ない。物怖じしないYup'inを前にすれば、マイナスなイメージが付きまとう若気の至りというワードですら最大の賛辞に姿を変える。  Yup'inに備わっている魅力は、尖った精神を自然にアウトプットしてのける基礎力、そして彼女を取り巻いてきた環境に由来している。9月1日にドロップされ、配信チャートで最高14位の健闘を見せたデビュー曲「No matter what I say」では、すっきりとした清涼感のあるサウンドに野太いハスキーボイスがドッキング。彼女がこよなく愛するR&Bを標榜したスタイルもさることながら、ノンフィクションを題材にした歌詞がYup'inの世代そのものの性質を物語っているようで、思わず胸が詰まる。痛みから解放されることは簡単じゃない。だからこそ相手と一緒になって乗り越えたいと励む献身的なメッセージ。それは、Yup'in自らが孤独をサヴァイブして来なければ到底辿り着けない教訓の産物であり、ただ涼しい顔で美辞麗句を並べているだけの流行歌とはわけが違う。チア・アップの値打ちを体当たりで表現したYup'inに、この場を借りてあらためて敬意を表したい。  今日もこの街のどこかで、誰かが言いようのない不安に苛まれている。その光景にもしも遭遇したとき、果たして僕らには何が出来るのだろう。無力だと割り切って通り過ぎるのか、はたまた綺麗事を辞さない覚悟で慰めるべきなのか――おそらくYup'inなら、そんな一瞬の迷いさえ希望に変えていける。"痛みを分かち合う同世代、ひいては世間全体に渦巻く如何わしい闇までもを晴らしていく無敵の救世主"。デビュー曲にして不特定多数を極限にまで思いやった彼女のビジョンには、そんな誇り高い未来像がもうすでに、はっきりと描かれているに違いない。 ライナーノーツ:白原ケンイチ(Japanese Black Style)

        + More details
        • Yup'in / ヘルタースケルター[prod.by JUVENILE] (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

          04:33

          from T.A HOMIEZ FACTORY / Added

          Yup'in / ヘルタースケルター【prod.by JUVENILE】 (OFFICIAL MUSIC VIDEO) 2013.12.31 iTunesストアにてダウンロード販売中 Yup'in No matter what I say - Single https://itunes.apple.com/jp/album/id694031324 Yup'in No matter what I say ミュージックビデオ http://www.youtube.com/watch?v=wdEQXmohIHE Yup'in / ヘルタースケルター VIDEO DIRECTOR By 「T.A Homiez Factory」 T.A Homiez Factory OFFICIAL WEBSITE http://www.tahomiezfactory.jp/ T.A Homiez Factory fb https://www.facebook.com/TaHomiezFactory T.A Homiez Factory Masa facebook https://www.facebook.com/masashi.oosawa.TAHF 【Yup'in】 1994年1月16日生まれ。 業界からも支持をもつ等身大のリリック、メロディアスな楽曲でデビュー。 これからも目を離せない、次世代のシンガーソングライター。 【Yup'in Official Site】 http://yupin.jp/ 【Yup'in Official Twitter】 https://twitter.com/y__u__p 本年9月にNo matter what I sayで初の配信リリース、自身も敬愛する名だたるアーティスト達と並びiTunes R&Bチャートで13位を記録、そして自身を象徴する街「渋谷」を果敢に歌いながら駆け抜ける同曲のMVが公開から2日で2500回再生という鮮烈なデビューを飾った、同世代の若者を中心に男女問わず幅広い年代から支持を集める19歳の新生アーティストYup'in(ヤピン)。 そんな彼女から"誰かを救うため"に歌った前作とはうってかわり"自分自身の葛藤"を叫んだ新曲「へルタースケルター」が発表された。 大胆にも大作のタイトルをそのまま引用して挑むYup'inだが、他者には創造出来ないであろう確立された世界観を提示してくれた。自己中心的な言葉や映画の1シーンを彷彿させる単語や台詞を落とし込んだ歌詞。これでもかという程に攻撃的な歌唱。プロデューサーJUVNILEによる鋭いシンセを駆使したサウンド、そして本作を最も印象付ける"しっちゃかめっちゃか"な感情の爆発を表現した間奏。これら全ての要素が織り成す事で緩急絶妙に迫り込んで来る衝撃が生じ、聴く側は難解で独創的な映画を鑑賞するかのように、様々な解釈を生みだして楽しむ事も、何も思考せずに音が止むまで身を委ね楽しむ事も出来るだろう。 きっと人間なら誰しもが似た状況を経験した事があるのではないだろうか?Yup'inは「それでも一番になりたい。常に相手の中に居たい。だから他の邪魔者を蹴落としたい」と、怯む事も臆する事もせず、自分勝手なわがままを押し通すのだ。それこそが、ヘルタースケルター=Yup'inに溢れる力強さの源であり、時には脆く危ない部分なのである。それが最も顕著に表れている本作は、本人以外には知る由もない脚本の無いノンフィクションの日常から産み出された、苦悩や痛みさえも音楽を通しダイレクトに表現するYup'inからの賜物なのである。 そんなYup'inが主人公の物語も、本作が節目となり、第一章の幕が閉じる。大人と子供の狭間である10代最後の歳も本作の発表時点ではあと僅かで終わろうとしている。貫く事の難しさを知りながら、倒れても立ち上がる事が出来る強靭な意思を持ち、誰にも染められたくないと気高く歩き続ける新世代のディーバYup'in。いつかYup'inが10代を振り返る頃には、現在の自身の分身である本作に背中を押される事になるであろう。その日が来るのが待ち遠しい。 Text by 増山 裕貴(CATCHER)

          + More details
          • NIKE TECH PACK BOX TOKYO

            01:08

            from WOW inc / Added

            3,421 Plays / / 0 Comments

            About the Work WOW was responsible for producing and directing the interactive event TECH PACK, which is an integral part of Nike’s Sports Wear global relaunch. At this event, visitors experienced the clothing while enjoying the interactive LED display panel. To fully experience all the features of NIKE’s new TECH PACK sports clothing, people actually needed to try it on and try it out. Once visitors put on the TECH PACK, they got creative and moved freely in front of the huge LED screen. About the Exhibition TECH PACK kinetically reacts to your body movements, translates your moves, and displays everything on the screen; the FIT, FEEL and FUNCTION. People can enjoy TECH PACK visually on the screen, as well as by the way it feels when worn. At the event, professional photographers were taking photos, and after the event, the photos and video, were put up on the TECH PACK website for everyone to enjoy. 作品について Nike Sports Wearグローバルリローンチを代表する新商品シリーズ「TECH PACK」のインタラクティブ体験イベントを、企画から制作まで総合的に担当。巨大LEDを格納したコンテナ内において、TECH PACKの機能「FIT =立体裁断」「FEEL=着心地」「FUNCTION=サーマル構造」をそれぞれキネティックにビジュアライズする事で、TECH PACKを試着した参加者達は商品機能を体験する事ができる。 展示について イベントでは体験型インタラクションコンテンツを中心に、プロのフォトグラファーによるポートレート撮影が行われ、後日参加者が体験したインタラクションを20秒に集約したスペシャルムービーとポートレート写真が配信された。 Staff Creative Director/Producer: Yuki Tazaki Art Director: Hiroshi Ouchi Visual Designers: Yusuke Mizuno, Shota Oga Programmers: Seiya Takasawa, Maxilla inc. Interactive Sound Designer: Shoji Nakaoka (bitztream) Movie Generate API: Tomohiro Nagasaki Production Manager: Fumihito Anzai ------------------------------------------------------ facebook: facebook.com/w0winc Twitter: twitter.com/wow_tokyo

            + More details
            • Blackmagic Pocket Cinema Camera / test-003-Bokeh

              02:28

              from Nobuhisa Yuki / Added

              264 Plays / / 1 Comment

              Blackmagic Pocket Cinema Camera / test-003-Bokeh (full aperture metering) Leica ELMARIT-M 24mm / F2.8 Leica SUMMICRON-M 35mm ASP / F2.0

              + More details
              • Walking in Tokyo Harajyuku Takeshita Street

                07:12

                from AKIHIRO OHSHITA / Added

                83 Plays / / 0 Comments

                Takeshita Street in Harajuku,I visited when I was a students at the time of the shooting. Passers shops have changed, the old building was still the same. This movie was taken by PENTAX K--7 with old Super-Takumar 55mm 1:1.7.

                + More details
                • Harajyuku Omotesando 20130309

                  06:49

                  from AKIHIRO OHSHITA / Added

                  60 Plays / / 0 Comments

                  By the time a long time ago that I was a university student, I've taken pictures of various people in Omotesando, to become a professional photographer.The camera has changed from film to digital,I also choose the location for the practice Omotesando to shoot video on a DSLR. My town is not very different from the old days.

                  + More details
                  • Mochi Party at Harajyuku Cafe liberte.

                    03:26

                    from Isamu / Added

                    72 Plays / / 0 Comments

                    Mochi {A rice cake }is Japanese traditional food. We make this with neighboring people in this way in the end of the year and the New Year and eat and drink.

                    + More details
                    • RNEWBOLDショップ店頭映像

                      00:48

                      from ITALU HAYASHIDA / Added

                      403 Plays / / 0 Comments

                      原宿のアパレルショップRNEWBOLDのディスプレイ用映像です。 専用に用意したブラウン管システムでインスタレーション風に流しました。 映像制作 3DCG、アフターエフェクト 住所 〒101-0064 東京千代田区猿楽町1-4-13 チェスターハウス205  電話 03-5577-6254  ITALU DESIGN 林田 格(ハヤシダ イタル) www.italu.tv

                      + More details

                      What are Tags?

                      Tags

                      Tags are keywords that describe videos. For example, a video of your Hawaiian vacation might be tagged with "Hawaii," "beach," "surfing," and "sunburn."