第六号の刊行に寄せて
第六号は、採卵鶏の廃鶏を捌く過程から、その鶏肉を美味しくいただくまでの記録をまとめました。
鶏を捌く過程で、残虐だと思われるような写真も多数あり、掲載するにあたり、熟考を重ねてきました。しかし食べることを考える上で、動物や植物の命をいただく行為は、切っても切り離せない営みです。私たち消費者は、切り身になった肉や魚は手にしても、その背景を知ることはありません。背景をしっかり知ることで、大切な命をありがたく、美味しく、余すことなく頂きたいと考えます。また消費する量についても考えるきっかけになればと思います。

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…