About the Work

In May 2010, Nike opened Nike Stadium Tokyo in Nakameguro as a hub for proposing new forms of sport through the integration of innovative products, athletes, and design. WOW directed an interactive installation for the opening event that featured the “Mercurial football spike”. This consisted of a one and a half minute video focusing upon and inspired by the Mercurial boots and Tadanori Lee, a Mercurial player and member of Sanfrecce Hiroshima FC. With the use of a 3D position measurement camera and intricate programming, the work allowed the viewer to control both the images and the sound interactively. People could experience the installation as if the Mercurial spikes were a part of themselves.

作品について

2010年5月、ナイキは、革新的なプロダクトやアスリートとデザインを融合させ新たな形でスポーツを提案していく拠点として、東京・中目黒に「Nike Stadium Tokyo」をオープンした。WOWは、そのオープニング・インスタレーションとして、フットボールスパイク「Mercurial」をテーマとした映像インスタレーションを行った。「Mercurial」と、それを着用したサンフレッチェ広島の李忠成選手を讃えた1分半の映像を制作。その映像は3D距離センサーカメラとプログラミングを使用し、映像とサウンドを体験者自身がコントロールすることができるインタラクションを備えている。それはまるで、スピードとブレーキをコントロールする「Mercurial」と自分が一体化したような体験になったのではないだろうか。

Creative Director: Takuma Nakazi
Visual Designers: Daisuke Moriwaki Shingo Abe Daihei Shibata
Producer: Atsunori Toshi
Music Composer: keiichiro shibuya (ATAK)
Spatialized Sound Programmer: evala (ATAK, port)
Technical Support: aircode

Nike Stadium Tokyo on WOW website: w0w.co.jp/en/works/nike_stadium/
facebook: facebook.com/pages/WOW-Inc/497854863591811
Twitter: twitter.com/wow_tokyo

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…