ツアーから引退した後、世界中を旅しながら独自のスタイルで発信し続けるロブ・マチャド。
人生の大半を旅に費やし、様々な人との出会いを通じて、サーフィンに対する愛情やアートへの情熱を共有してきた。
ロブ・マチャドの独自の視点によって表現されたプロジェクト「Through The Lens」は、旅中でのかけがえのない人々との出会いを大切に、そこから生まれるストーリーを編み込んだ映像作品である。

今回のエピソードは、日本を代表するツリーハウス・クリエイター小林崇氏との出会いからはじまる。小林氏が本作品の中で紹介する "今まで建てた中で最も意味深く、大切なツリーハウス" の建築作業を手伝うことになる。この作業の過程において、ロブはこの美しく象徴的なツリーハウスが東日本大震災で被災した仙台にもたらす意味を理解し始める。震災を生き残った子供達に捧げたこの素晴らしいギフトは、楽しみと幸福そして希望の光を被災したこの地に取り戻す一歩になったかもしれない。

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…