虚構と現実の境界を判別不能にするSRシステム(代替現実システム)と
「大根を撫でると艶かしく喘ぐ」デバイスSI(セクハラ・インターフェイス)を連携した作品。
喘ぐ大根とお姉さんをミックスしてHMDに流すことにより、虚構のお姉さんを触れるようになります。
鑑賞者の興奮度合いに応じてストーリーが分岐し、仮想の美女の行動がエスカレートしていきます。
みんな恍惚の表情をします。が、傍目に観るとニヤニヤしながら大根を触っている人になります。
嗅覚や触覚など、人間の五感を複合的に同期させながらハックした結果、非常にリアルな興奮体験を作り出す事に成功しました(被験者アンケートで『非常に興奮した』が2割、『かなり興奮した』が8割)。

2013年制作/妄想監督:市原えつこ、SRシステム開発・提供:藤井直敬、脇坂崇平、SIデバイス開発:渡井大己、映像出演:藤崎ルキノ

The Substitutional Reality (SR) system blurs the user's perception of reality and fantasy.
By combining SR with the "Sexual Harrasment Interface," a batch of radishes which moans to the touch,
you can experience touching a girl in an illusion.
Those experiencing it will all turn ecstatic,but will look from the outside like a grinning weirdo groping a vegetable.
The experience can vary between playthroughs,branching out in reaction to your heart rate.
What your experience will be like depends on you.A special ending may be waiting for the extra-aroused...

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…