moogのMF-105M MIDI MuRFをモデルにしたシーケンス・フィルター・エフェクトビジュアライザのスタディ。

トラックごとにトリガーを出力。描画プログラム側でトリガーを取得し、描画のパラメータに利用する。

トリガーの送受信はOSCで行う。ネットワークを介し、複数のコンピュータ上で分散的に処理させることもできそう。

Loading more stuff…

Hmm…it looks like things are taking a while to load. Try again?

Loading videos…