1. いよいよ今日から「ワン!ダフル リーダープログラム」がスタートします。

    本日はそのプログラムの一番最初
    ワン!ダフル1 活動エリア編 です。

    1−1
    「ハウストレーニングを制する者は、しつけを制す」

    ハウストレーニングをマスターすれば

    ワンちゃんに安心できる、安らげる場所ができ
    それにより狂犬のように吠えていた
    ワンちゃんの性格が激変し、
    落ち着いた面持ちでしっぽをフリフリしながら
    つぶらな瞳を飼い主様に向け
    あなたとワンちゃんに穏やかな時間が流れだします。

    ハウストレーニングができていないと

    無駄吠えや問題行動が日増しにひどくなっていくだけではなく
    命に関わる病気や手術が必要な怪我をした際、
    クレートやケージで大人しくできないワンちゃんは
    命を落としかねません。

    ハウストレーニングはペットを飼う以上
    ワンちゃんと飼い主様にとって
    必須でマスターしないといけないものだと言っても
    過言ではありません

    焦らず、しっかりとマスターしましょう!

    「ハウストレーニングがワンちゃんの性格を変え
    緊急時の生存率を上げる」

    これはいったいどういう事か?

    犬は前にもお話しした通り群れで生きる種族で
    群れ全体が、危機にさらされることなく
    安心安全、そして生存繁栄するように
    本能的に行動するようにそれぞれ役割があります。

    ワンちゃんには、その本能が残っており
    家族や家の付近で怪しいと感じたものに
    護衛心が強いワンちゃんは反応し
    排除しようとします。
    そしてそれが無駄吠えなどの
    問題行動となるわけです。

    しかし、これはワンちゃんにとっては
    群れ(家族)での重要な任務を
    しっかりと行っている
    りっぱな行動です。

    問題行動とは人間にとっての問題行動で
    わんちゃんにとっては、
    りっぱなお仕事なのです。

    ”ケージやクレートはワンちゃんが安心できる安らぎの場”

    ケージやクレートのトレーニング
    いわゆるハウストレーニングができていないワンちゃんは
    常に外部からの刺激にさらされ
    常に任務遂行中となるわけです。

    ハウストレーニングは
    外部の刺激をシャットダウンし
    任務から解放され
    ワンちゃんが安心できる安らぎの場ができる
    ということです。

    ケージに入れることが、
    閉じ込める、拷問をしている
    イメージをもたれる方が多いですが
    それは全くの逆なのです。

    クレートやケージの中に
    大人しくいられるようになると
    問題行動がなくなるだけではありません。

    ワンちゃんの命にかかわる重要なことから
    心配する必要がなくなるのです

    ”ペットの病院で入院や待機時間はケージにいれられる”

    怪我をして入院が必要
    老犬になってくると病気で入院が必要

    そんな場合、病院では必ずクレートやケージに入れられます。

    ハウストレーニングができていないワンちゃんにとって

    普段とは見慣れない場所にいるだけでも
    恐怖の中、狭い檻に無理やり押し込められることになり
    パニックを起こし、そこで一騒動起こすだけでも
    病気や怪我のレベルによって死に直結します。

    "クレートやケージが安心できる場所"

    あなたのワンちゃんにとって
    そんな場所になるように
    しっかりとトレーニングしましょう

    命に関わることは他にも

    ”震災、災害時の避難所や救援物資は人間のためのもの”

    日本は地震大国、ここ十数年で
    震災で避難したり仮設住宅で生活を余儀なくされるケースが
    全国のあちこちで起こっています。

    記憶に新しいのは熊本の地震ですが
    避難所にペットが人間と同じ空間にいれると思いますか?
    あなたにとって、ワンちゃんはかわいいペットですが
    他人にとっては、猛獣かもしれません。

    人が生きるか死ぬかの状態の中
    ペットを優先させることは
    避難所の生活では不謹慎とされます。

    ネットのニュースで実際にあった話ですが
    避難所でペットに水を与えていたら
    飲めない人もいるのに、よく犬に水なんかやれるな
    と言われた飼い主様もいるようです。

    しかし、ハウストレーニングができているワンちゃんは
    ケージやクレートの中で大人しくしていれば
    人に危害を加える心配がなくなるため
    特別に飼い主と一緒にいることが認められることが多いです。

    生き別れや、最悪の場合、愛犬を捨てることも。。。

    生き別れや捨てられたワンちゃんの行く末は
    保健所での殺処分や
    エサにありつけず餓死が待ち受けています

    ハウストレーニングさえしっかりしていれば
    たいていの問題行動もおさまりますし
    本当にお利口さんになり
    あなたの足元に擦り寄り
    今以上に可愛くなります。

    あなたとワンちゃんのペースでいいので
    ワン!ダフルリーダープログラム
    1-1ハウストレーニングを
    しっかりとマスターしましょう!

    ハウストレーニングはどうやるの?

    ・クレートやケージの選び方
    ・トレーニング法

    をビデオで解説していますので

    今すぐビデオを見て

    マスターしてください!

    ▼ワン!ダフルリーダープログラム
    1-1ハウストレーニング

    # vimeo.com/173293442 Uploaded 17 Plays 0 Comments
  2. 保健所での殺処分まで考えたワンちゃんが
    たった12週間で、まるで桃太郎とその仲間のように
    信頼で満たされた関係を築く魔法のきびだんご的トレーニング法

    わんちゃんの問題行動を治すのに
    理解しなければいけない事は、

    たった一つです。

    このたった一つを知らなければ
    いくら有名なドックトレーナーの書籍やDVDを買いあさって
    その通りワンちゃんにしつけをしても

    飼い主様は失敗に終わるでしょう

    一時的に改善されるかもしれませんが
    時間が経てば問題行動が再発します

    現に、ドレーニング教室に数ヶ月通わせたのに
    家に戻って来ておりこうさんだったのは1ヶ月だけだった
    というのはよく耳にするのではないでしょうか?

    そのうちペットを飼うことに疲れて
    ペットの世話が仕事のようになり
    いつのまにか、世話が重労働になって
    介護疲れのようにノイローゼになってしまいます。

    ワンちゃんを見ても愛情が沸かず
    かと言って、保健所で殺処分してもらう勇気もなく
    ただ、日常が過ぎていく

    このたった一つの事を理解すれば

    ワンちゃんの問題行動がなくなり
    大声をあげてしかりつけることがなくなり
    場合によっては、体罰をもってしつけていることや
    力を持って矯正させる必要のない生活になります。

    天気のいいポカポカ陽気な時に公園で
    青々と茂る芝生でゆったりとしたり
    ボール遊びをすることが安心してできるようになります。

    しつけのテクニックよりも
    問題を抱えたペットを飼う
    全ての飼い主様に
    重要なたった一つの事とは何か?

    ”群れのリーダーとしてペットとの関係を構築すること”

    ペットのしつけをかじった事がある人には
    聞いたことがあるかもしれませんね。

    これはいったい、どういう事かと言うと

    あなたもこの大きな間違いやってませんか?

    ”ペットを家族の一員として迎え入れ
    犬としてではなく我が子同然の接し方をしている”

    ・散歩を運動だと思いっている
    ・人間の食事と同じものを与えている
    ・一緒のベットで寝ている
    ・説教して言い聞かそうとする
    ・ワンちゃんが遊びたいと要求した時に遊んであげる
    ・3時のおやつを上げている
    ・ケージやクレートを使わず自由に行動させている

    もともと群れで生きる習性のある犬を
    このように人間と同じように生活していて
    小手先のテクニックでしつけができるわけがありません。

    犬は人間ではありあせん。

    犬という種族を理解して
    共同生活を送ることが重要なのです。

    それが、先ほどいった
    ワンちゃんの問題行動の改善に知らなければいけない
    たった一つの事

    ”群れのリーダーとしてペットとの関係を構築すること”

    なのです。

    そして良く考えてください、

    ”問題行動はペットではなく飼い主に原因あり”

    なのです。
    これを聞いて、気分を害される方がいます。

    わかります、ワンちゃんは可愛いですし
    可愛がりたいのは当然です。

    我が子のように可愛いワンちゃんを見ていると
    一緒のベットで寝たいですし
    遊びたいと小さな声でクゥーンと言われれば
    遊んであげたくなるのは当然です。

    そこに愛があるわけですから、
    それを否定されていると感じ
    気分を害される方も多いです。

    それはあなたが悪いわけではありません。
    接し方を知らなかったから仕方がなかったのです。

    でも、想像してみてください。

    ワンちゃんの問題行動がなくなり
    大声をあげてしかりつけることがなくなり
    場合によっては、体罰をもってしつけていることや
    力を持って矯正させるのではない生活を。

    天気のいいポカポカ陽気な時に公園で
    青々と茂る芝生でゆったりとしたり
    ボール遊びをすることが安心してできるようになります。

    しつけができていないから諦めていたドッグランで
    思う存分走らせることも夢ではありません。

    今以上に、幸せな生活が待っています

    私がこの15年間の経験と
    トレーナーがまず最初の関係構築に行うことを
    体型建ててご家庭でできる内容に落とし込んだ
    飼い主様を群れのリーダーとして認めてもらうための
    プログラムがあります。

    ワンちゃんの問題行動でお困りの飼い主様に
    しつけの前に必ずやっていただいています。

    「ワン!ダフル リーダープログラム」と言います。

    書籍やDVD、トレーニング教室でも
    しつけることができなかった方は

    我が子のように可愛がりすぎ
    関係構築ができていなかったからでしょう。

    これから、そんなあなたに
    「ワン!ダフル リーダープログラム」を
    メールマガジンで期間限定で無料公開していきます。

    今なら無料で無駄吠え解消法のレポート(PDF)をプレゼント!

    STEP 1
    下記のメールフォームにメールアドレスと
    ニックネームを入力し送信してください。

    STEP 2
    登録したメールアドレスに
    ビデオのURLがありますので
    クリックしてください

    STEP 3
    ワン!ダフル リーダープログラムの全貌がわかる
    ムービーを用意していますので
    ご覧になってください

    今すぐ登録してワン!ダフル リーダープログラムで
    ワンちゃんとの素敵な生活を送ってください

    ↓↓↓

    http://bit.ly/1BuUwmN

    # vimeo.com/173292202 Uploaded 24 Plays 0 Comments

DTMCS

DTM-CS

Browse This Channel

Shout Box

Heads up: the shoutbox will be retiring soon. It’s tired of working, and can’t wait to relax. You can still send a message to the channel owner, though!

Channels are a simple, beautiful way to showcase and watch videos. Browse more Channels.