「無限価値の世界の人々」